HOME消防関連製品消防部品A火災用泡消火薬剤 ミラクルフォームα+(PLUS)

消防関連製品 消防部品

A火災用泡消火薬剤 ミラクルフォームα+(PLUS) 国家検定合格品

モリタはCAFSをトータルプロデュースします

写真:A火災用泡消火薬剤 ミラクルフォームα+(PLUS) 国家検定合格品

※型式取得品
(型式番号:泡第24~10号)

検定合格品
国家検定合格品

海水でも十分な発泡性能を確保。

消火現場で、いま話題のCAFSによる泡消火。
CAFS消火は、水を無駄なく有効活用できるのはもちろん、水と変わらない飛距離を持ち、延焼物への浸透がよく、冷却作用によって再燃を防止する効果が高いのも人気の理由。
さらに、水蒸気の発生が少ないので視界を遮らずに消火活動を行うことができます。

ミラクルフォームα+(PLUS)は、A火災用泡消火薬剤で、希釈する水は淡水でも海水でも十分な発泡性能を示します。河川や消火栓から取水できない場合にも、海水を利用して効果的なCAFS消火を行えます。
また、海水や淡水と混合して、混合液消火にも効果を発揮します。
さらに、天然成分由来の原料である界面活性剤(医薬部外品原料規格2006適合)を使用しているので、環境への影響が少ないことも特長です。

ミラクルフォームα+(PLUS)は型式を取得(泡第24~10号)した、国家検定合格品です。
次代の消火戦術に国家検定合格品のA火災用泡消火薬剤「ミラクルフォームα+(PLUS)」をお役立てください。

■水とミラクルフォームα+(PLUS)の比較

ベニヤ板に水と泡消火薬剤を垂らす。
水は表面張力が大きく玉状になってしまいますが、泡消火薬剤は表面張力が小さいため一瞬にして板面に広がり浸透します。
更に、泡消火薬剤が浸透した板の上に水を垂らしても、水は板に浸透します。
以上のことから、ミラクルフォームα+(PLUS)は燃焼物を冷却し、再燃を防止する効果が高いことがわかります。

 
ページのトップへ戻る