HOME消防車空港用化学車ラインナップ空港用12500L級化学消防車

消防車 空港用化学車

空港用12500L級化学消防車

  • 概要
  • 仕様・スペック
  • フォトギャラリー

12500Lの水で即座の消火活動を実現。

空港用12500L級化学消防車

万一、空港内で航空機事故などが発生した場合、最も早く現場に到着して消火・救助活動にあたる空港用化学消防車。空港用化学車は他の消防車と異なり、走行しながらの消火活動ができることが最大の特長です。そして、空港内で発生するあらゆるアクシデントに対処するために、強力な放射能力を有するメイン&バンパータレットノズル、車両下部に対応するアンダートラックノズル、ハンドラインノズルと、3種類のノズルが装備されています。
空港用化学消防車の中で、最も大きい水タンクを積載しているモリタの「空港用化学車(MAF-125A)」。900馬力の高出力エンジンによって約31秒で80km/hまで加速し、車両総重量が43tを超えるにもかかわらず最高速度105km/時以上を誇ります。このため、一速く事故現場へ急行し、積載された12,500Lの水槽と800Lの薬液槽によって、到着後すぐに消火活動を開始することが可能です。